高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

調理法で高脂血症を予防

高血圧食 生活習慣病予防 動脈硬化
調理法で高脂血症を予防

高脂血症は、動脈硬化を促進します。
高脂血症の原因には、遺伝、乱れた食生活、運動不足などが挙げられます。
高脂血症は、肉・魚の調理の仕方や、使用する調理器具を工夫するだけで、予防することができます。
肉の動物性脂肪は、「飽和脂肪酸」を多く含んでおり、摂り過ぎると高脂血症の原因となります。
そのため、カレーやシチュー、すき焼きなどのように、脂肪をそのまま取り込む調理方法よりも、茹でたり、蒸したりする調理方法にしましょう。このような調理法は、熱を通している間に、余分な脂肪を落とすことができます。
肉を焼く場合は、油を入れて調理するフライパンや鉄板を使用するよりも、網焼きにした方が余分な脂肪を落とせます。
煮る料理の場合は、脂肪を落とせるしゃぶしゃぶがおすすめです。
ただし、最後に残ったしゃぶしゃぶのスープは、雑炊などにして食べないようにしましょう。
魚の場合は、イワシやサバなど青魚の脂肪や、マグロのトロには、EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)などの「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれており、高脂血症を予防します。
そのため、肉料理の場合とは反対に、脂肪をそのまま取り込める刺身や煮つけ、フライパンを使用するムニエルや、ホイル焼きがおすすめです。また、熱を通す際に、薄切りにした方が、厚切りの場合よりも、脂肪が落ちやすいそうです。
そのため、肉は薄切りにし、魚は厚切りにして調理するように工夫すると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:22 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』

PING送信プラス by SEO対策






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。