高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

動脈硬化予防 外食の塩分

高血圧食 生活習慣病
外食の塩分

スーパーやコンビニなどで惣菜を買ってきたり、外食を繰り返したりすると、塩分の摂り過ぎになってしまいます。
塩分の摂り過ぎは、高血圧となり、動脈硬化の原因となります。
自炊すれば、作る段階で塩分を控えることができますが、外食などの場合は、食べる際に、塩分を摂り過ぎないよいに工夫しましょう。
よく好んで食べるメニューに含まれる塩分を、カロリーブックなどで、事前に調べて頭の中に入れておきましょう。
1日どれくらい塩分を摂ったかを確認して、昼食に摂り過ぎていれば、夜食は控えるようにするなど、自分で管理しましょう。
積極的に、野菜や果物、海藻類を食べましょう。
これらには、カリウムを豊富に含んでおり、体内の余分な塩分を、体外へ排出してくれる働きがあります。
惣菜などを買ってきた場合、揚げ物に野菜を添えたり、果物をプラスしたりして、栄養バランスを考えましょう。
うどんやそば、ラーメンなどの麺類の汁を飲み干すと、塩分の摂り過ぎになってしまうので、汁は残しましょう。
どうしても飲みたい人は、わかめや野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶようにしましょう。
アルコールを飲むときにも、注意が必要です。
お酒、特にビールは、塩分や油の多いものと相性がとても良いです。
塩分を気にしている人は、飲み過ぎないよう心がけましょう。
惣菜やお弁当に添付されているソースやしょうゆなどは、できるだけ使わないようにしましょう。
塩の代わりに、レモンやゆず、すだちなどを絞れば、香りと酸味が効いて、塩分が少なくても、おいしく食べられますよ。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 ダイエット メタボリック症候群 グッズ メタボリック症候群 ストレス




posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:18 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』

PING送信プラス by SEO対策






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。