高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

低たんぱく食

高血圧食 生活習慣病 腎臓病
低たんぱく食

腎臓病の患者さんのうち、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とネフローゼ症候群の患者さんは、低たんぱく食を摂る必要があります。
慢性腎不全というのは、腎臓の機能が低下し、健康な人の半分以下にまで下がった状態をいいます。その多くは、元にもどらないと言われます。しかし、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんの場合、低たんぱく食の摂取など日常生活の注意を続けることで腎不全の進行を防ぐ効果があるとされます。
一方、ネフローゼ症候群というのは、たんぱく尿が出て血液のタンパク質が不足する病気です。尿たんぱくを減少させたり、腎機能の低下を防ぐために低たんぱく食を摂取します。ただし、ネフローゼ症候群では、血中たんぱくが減少することから、このようなときにたんぱく質を制限すると、かえって病気を悪化させる危険もあります。したがって栄養管理は、専門家の指導のもとで行います。
低たんぱく食
タンパク質の制限をする場合には、その代わり、良質のタンパク質・・・卵、肉、魚などの動物性たんぱく質・・・をとるようにします。そしてカロリーが全体として不足しないようにします。肉や魚を減らすと、カロリーが不足しがちだからです。かといって、主食・・・米、麦・・・でカロリーを補おうとすると、これらのなかに含まれる植物性たんぱく質が多くなってしまいます。植物性タンパク質は、質的に動物性タンパク質に劣るのです。
このようなジレンマの一助となるのが、市販の腎不全用の低たんぱく食品です。また、最近では、宅配でこのような病人食を用意してくれるところが増えてきています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:58 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』

PING送信プラス by SEO対策






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。