高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

腎不全の食事療法

高血圧食 生活習慣病予防 腎臓病
腎不全の食事療法

腎不全(じんふぜん)の食事療法は、透析治療を少しでも遅らせるために非常に重要なものです。
腎不全のなかでも特に、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんは、腎臓の機能が健康な人の半分以下に低下してしまっています。腎臓に負担をかけないようにする必要があります。そのため、食事制限は決してゆるいものではありません。長続きさせるためにも少しでも無理のないよう工夫することが必要となってきます。
症状に合わせて、タンパク質と塩分を制限します。
・タンパク質・・・1日3グラム
・塩分・・・5グラム
・エネルギー・・・1日2000キロカロリー

タンパク質を抑えて、なおかつエネルギーを確保しようとすると、砂糖や油を用いることになりかちです。油っこさや甘ったるさが嫌味にならないようにさっぱりとした味付け(たとえば、酢を用いてマリネにする)にすることが食事療法を長続きさせる工夫です。
また、最近では、特殊食品として、高エネルギー、低たんぱく、低塩分になるよう配慮した食品が数多く市販されています。
たとえば、減塩食品としては、「減塩しょうゆ」が、ふつうのおしょうゆの半分の塩分量です(キッコーマン)。「減塩みそ」は、ふつうのおみそのやはり半分の塩分量です(キューピー)。
そのほか、低たんぱく質食品として、ふつうの小麦粉(薄力粉)よりもタンパク質の量が30パーセント少ないものが市販されています(昭和産業)。
これらの市販食品も上手に食卓に取り入れながら、少しでも楽しく食事を続けられるようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:10 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』

PING送信プラス by SEO対策






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。