高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

カレーピラフ(グリンピース入り)

カレーピラフ(グリンピース入り)
高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

高血圧には、減量が有効な対策となります。
カロリーを抑えるために、鶏肉はささみ肉を用います。鶏ささみ肉は、タンパク質が豊富ですが、脂肪が少ないためカロリー制限の大きな味方です。
豆を入れることで栄養面では、カリウム、カルシウム、食物繊維を補うことができますし、ボリュームがアップします。
カレー粉は、塩分を抑えるために、味に変化をつけ有効です。
冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも最適です。鶏ささみ肉の代わりに、殻をむいた芝エビや、あさりの水煮を用いてもおいしいです。

無理なくできる高血圧の人のための食事療法「高血圧食」
ポイント1・・・塩分は控えめに。
ポイント2・・・食事に豆、豆製品を工夫して取り入れるようにしましょう。


カレーピラフ(グリンピース入り) レシピ
材料(2人分)
・グリーンピース・・・60g(ゆでたもの)
*グリーンピース以外にも、小豆、金時豆などでもおいしいです。
kari_piraf.jpg・鶏ささみ肉・・・2本
・タマネギ・・・1/2個
・ピーマン・・・1個
・カレー粉・・・小さじ1?2
・塩・・・少々
・サラダ油・・・大さじ2
・ごはん・・・300g

下ごしらえ
・鶏ささみ肉は、筋を取り、一口大に切ります。
・タマネギ、ピーマンはみじん切りにします。

調理
1.フライパンに油を熱し、玉ねぎ、鶏ささみ肉、グリーンピース、ピーマンの順に入れていためます。
2.カレー粉、塩を加えて、ご飯を入れて炒めます。
*カロリーがちょっと気になりますが・・・半熟の目玉焼きをのせて、とろりと黄身を崩しながら召し上がってもおいしい



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 09:06 | Comment(0) | 高血圧食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』

PING送信プラス by SEO対策






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。