高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

花王、「エコナ」で特保の表示許可を自主返上 花王、「エコナ」で特保の表示許可を自主返上

 花王の食用油など「エコナ」シリーズ商品に発がん性物質に分解される可能性のある成分が含まれていた問題で、同社は8日、特定保健用食品(特保)の表示許可の「失効届」を保健所に提出した。
 消費者庁が同日、表示許可の取り消しに向けた再審査の手続きに入ることを決定したが、同社は自主的に許可を返上して事態の長期化を避けた形だ。
 福島瑞穂・消費者担当相は8日夕、消費者庁内で記者会見し「消費者の声や消費者庁の考えなどを踏まえ、(花王が)社会的責任を果たすという判断をされたと思う」と花王の対応を評価した。

 花王が表示許可を返上したのは食用油「クッキングオイル」、マヨネーズ風調味料「マヨネーズタイプ」などエコナシリーズで特保の許可を得ていた全6品目。花王はこの6品目を含むエコナシリーズ全59品目を9月16日から出荷停止している。





花王、エコナの特保返上へ 消費者庁に失効届
posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:55 | Comment(2) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活の知恵【胃に効く食材】

エコ生活の知恵
【胃に効く食材】
高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

なんとなく胃の調子が悪い、胃がムカムカする、胃がもたれてスッキリしない、というような時、薬に頼ってしまう前に試していただきたい「おばあちゃんの知恵」をご紹介します。
特別な材料などは必要ではありません。
どれも、今家の中にあるもので大丈夫です。
医食同源という言葉もありますが、昔の人は、生活の知恵として、そういうことを知っていたのですね。

・ハチミツ
ハチミツは胃の炎症を和らげ、胃のなかに膜をつくり、食事の時に胃の粘膜をガードしてくれます。
朝目覚めた時、胃の調子が悪いと感じたら、スプーン1杯のハチミツをなめてから朝食をとってみてください。
30分くらい間隔を開けたほうが効果的です。

・昆布
消化不良や胃もたれの時には、適当な大きさに切っただし昆布を、そのまま10回ほどかじってみてください。
胃酸の分泌が促進され、胃の調子が回復されるといわれています。

・大根おろし
食べ過ぎによる胃もたれには、大根おろしが効果的です。
スプーン3杯ほど食べてみましょう。
大根に含まれているジアスターゼというでんぷんの消化酵素が、消化を助けてくれます。

・にらの味噌汁
にらに含まれているアリシンという成分は、ビタミンB1の吸収を促してくれるため、整腸作用があります。
飲み過ぎて二日酔いの朝などにもおすすめです。

・卵の殻
きつね色になるまでよく炒めた卵の殻を、砕いて粉状にします。
小さじ1杯を白湯で溶かして飲みます。

どれも、簡単に手に入る食材ですので、試してみてください。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 09:04 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腎不全の食事療法

高血圧食 生活習慣病予防 腎臓病
腎不全の食事療法

腎不全(じんふぜん)の食事療法は、透析治療を少しでも遅らせるために非常に重要なものです。
腎不全のなかでも特に、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんは、腎臓の機能が健康な人の半分以下に低下してしまっています。腎臓に負担をかけないようにする必要があります。そのため、食事制限は決してゆるいものではありません。長続きさせるためにも少しでも無理のないよう工夫することが必要となってきます。
症状に合わせて、タンパク質と塩分を制限します。
・タンパク質・・・1日3グラム
・塩分・・・5グラム
・エネルギー・・・1日2000キロカロリー

タンパク質を抑えて、なおかつエネルギーを確保しようとすると、砂糖や油を用いることになりかちです。油っこさや甘ったるさが嫌味にならないようにさっぱりとした味付け(たとえば、酢を用いてマリネにする)にすることが食事療法を長続きさせる工夫です。
また、最近では、特殊食品として、高エネルギー、低たんぱく、低塩分になるよう配慮した食品が数多く市販されています。
たとえば、減塩食品としては、「減塩しょうゆ」が、ふつうのおしょうゆの半分の塩分量です(キッコーマン)。「減塩みそ」は、ふつうのおみそのやはり半分の塩分量です(キューピー)。
そのほか、低たんぱく質食品として、ふつうの小麦粉(薄力粉)よりもタンパク質の量が30パーセント少ないものが市販されています(昭和産業)。
これらの市販食品も上手に食卓に取り入れながら、少しでも楽しく食事を続けられるようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:10 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腎臓病の食事療法

高血圧食 生活習慣病 腎臓病
腎臓病の食事療法

腎臓病では、いずれの病気であれ、何らかの食事療法が必要となります。食事を注意することで機能が低下した腎臓にさらに負担をかけるのを予防し、病気の悪化を抑える、あるいは悪化のスピードを抑えることができます。
基本は
1.エネルギーを確保する、
2.タンパク質の量を制限し、バランスよくとる、
3.食塩を制限する、
4.カリウム、リンを抑える、
5.水分を制限する、
6.カルシウム、鉄、ビタミン類を不足なくとる、です。

どの腎臓病かで、食事療法も変わってきます。必ず主治医や栄養士に相談のうえで行うようにしてください。
●慢性腎炎(まんせいじんえん)の人の食事
慢性腎炎の患者さんの食事はさほど制限がきついものではありません。
・タンパク質・・・1日60?70グラム
・塩分・・・7グラム
・エネルギー・・・2000キロカロリー

腎臓病ではたんぱく質の量に注意するとともに、その質にも配慮します。大豆製品(豆腐、納豆、みそ)も含めて動物性、植物性、バランスよくとります。
エネルギー不足になると、身体に負担がかかります。エネルギーを確保するために、間食で糖質をとるようにすると無理なくできます。手作りのお菓子を用意することで楽しく食事療法を続けられるといいです。
また、3食を和食にしてお味噌汁をとってしまうと、塩分のとりすぎにつながります。1日1食をパン食にするとバターやジャムでカロリーをとることができますし、塩分を減らしやすくなります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 運動 メタボリック症候群 高血圧 メタボリック症候群 糖尿病

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 06:31 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腎臓病の人の食事の注意

高血圧食 生活習慣病 腎臓病
腎臓病の人の食事の注意

腎臓病の患者さんは、自らが主体となって生活を管理することが非常に重要です。その柱となるのが、食事療法です。それによって病気が治癒するわけではありませんが、腎臓への負担を軽減し、病気の悪化を食い止める・・・遅らせることができます。
腎臓病の患者さんの食事療法のポイントは3つ
1.タンパク質、2.塩分、3.エネルギーです。
1.タンパク質
腎炎や腎不全の患者さんは、低たんぱく食をとります。また、ネフローゼ症候群の患者さんの場合、たんぱく尿が高度で、低タンパク血症を起こしている場合には、タンパク質を十分に補給する必要があります。
2.塩分
むくみや高血圧、また尿が少ない、あるいは出ないといった症状(乏尿、無尿)がある場合には、1日7グラム以下に制限するようにします。
3.エネルギー
エネルギーが不足すると、体力や抵抗力が落ちます。また、腎臓への負担も増します。特にネフローゼ症候群の患者さんは、十分なエネルギーを摂取する必要があります。
その他、カリウムとリンを控えることも重要です。高カリウム血症や高リン血症を起こしやすい患者さんは注意しましょう。カリウムは果物に多いです。
また、リンは食品のなかでは乳製品に多く含まれています。
透析が開始された患者さんの場合は、たんぱく制限は不要になります(むしろ、体重1キログラムあたり1日1.2〜1.5グラムの摂取が必要といわれます)。しかし、塩分、カリウム、リン、水分の制限は依然として必要です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:21 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低たんぱく食

高血圧食 生活習慣病 腎臓病
低たんぱく食

腎臓病の患者さんのうち、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とネフローゼ症候群の患者さんは、低たんぱく食を摂る必要があります。
慢性腎不全というのは、腎臓の機能が低下し、健康な人の半分以下にまで下がった状態をいいます。その多くは、元にもどらないと言われます。しかし、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんの場合、低たんぱく食の摂取など日常生活の注意を続けることで腎不全の進行を防ぐ効果があるとされます。
一方、ネフローゼ症候群というのは、たんぱく尿が出て血液のタンパク質が不足する病気です。尿たんぱくを減少させたり、腎機能の低下を防ぐために低たんぱく食を摂取します。ただし、ネフローゼ症候群では、血中たんぱくが減少することから、このようなときにたんぱく質を制限すると、かえって病気を悪化させる危険もあります。したがって栄養管理は、専門家の指導のもとで行います。
低たんぱく食
タンパク質の制限をする場合には、その代わり、良質のタンパク質・・・卵、肉、魚などの動物性たんぱく質・・・をとるようにします。そしてカロリーが全体として不足しないようにします。肉や魚を減らすと、カロリーが不足しがちだからです。かといって、主食・・・米、麦・・・でカロリーを補おうとすると、これらのなかに含まれる植物性たんぱく質が多くなってしまいます。植物性タンパク質は、質的に動物性タンパク質に劣るのです。
このようなジレンマの一助となるのが、市販の腎不全用の低たんぱく食品です。また、最近では、宅配でこのような病人食を用意してくれるところが増えてきています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:58 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動脈硬化予防 外食の塩分

高血圧食 生活習慣病
外食の塩分

スーパーやコンビニなどで惣菜を買ってきたり、外食を繰り返したりすると、塩分の摂り過ぎになってしまいます。
塩分の摂り過ぎは、高血圧となり、動脈硬化の原因となります。
自炊すれば、作る段階で塩分を控えることができますが、外食などの場合は、食べる際に、塩分を摂り過ぎないよいに工夫しましょう。
よく好んで食べるメニューに含まれる塩分を、カロリーブックなどで、事前に調べて頭の中に入れておきましょう。
1日どれくらい塩分を摂ったかを確認して、昼食に摂り過ぎていれば、夜食は控えるようにするなど、自分で管理しましょう。
積極的に、野菜や果物、海藻類を食べましょう。
これらには、カリウムを豊富に含んでおり、体内の余分な塩分を、体外へ排出してくれる働きがあります。
惣菜などを買ってきた場合、揚げ物に野菜を添えたり、果物をプラスしたりして、栄養バランスを考えましょう。
うどんやそば、ラーメンなどの麺類の汁を飲み干すと、塩分の摂り過ぎになってしまうので、汁は残しましょう。
どうしても飲みたい人は、わかめや野菜がたっぷり入ったメニューを選ぶようにしましょう。
アルコールを飲むときにも、注意が必要です。
お酒、特にビールは、塩分や油の多いものと相性がとても良いです。
塩分を気にしている人は、飲み過ぎないよう心がけましょう。
惣菜やお弁当に添付されているソースやしょうゆなどは、できるだけ使わないようにしましょう。
塩の代わりに、レモンやゆず、すだちなどを絞れば、香りと酸味が効いて、塩分が少なくても、おいしく食べられますよ。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 ダイエット メタボリック症候群 グッズ メタボリック症候群 ストレス




posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:18 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調理法で高脂血症を予防

高血圧食 生活習慣病予防 動脈硬化
調理法で高脂血症を予防

高脂血症は、動脈硬化を促進します。
高脂血症の原因には、遺伝、乱れた食生活、運動不足などが挙げられます。
高脂血症は、肉・魚の調理の仕方や、使用する調理器具を工夫するだけで、予防することができます。
肉の動物性脂肪は、「飽和脂肪酸」を多く含んでおり、摂り過ぎると高脂血症の原因となります。
そのため、カレーやシチュー、すき焼きなどのように、脂肪をそのまま取り込む調理方法よりも、茹でたり、蒸したりする調理方法にしましょう。このような調理法は、熱を通している間に、余分な脂肪を落とすことができます。
肉を焼く場合は、油を入れて調理するフライパンや鉄板を使用するよりも、網焼きにした方が余分な脂肪を落とせます。
煮る料理の場合は、脂肪を落とせるしゃぶしゃぶがおすすめです。
ただし、最後に残ったしゃぶしゃぶのスープは、雑炊などにして食べないようにしましょう。
魚の場合は、イワシやサバなど青魚の脂肪や、マグロのトロには、EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)などの「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれており、高脂血症を予防します。
そのため、肉料理の場合とは反対に、脂肪をそのまま取り込める刺身や煮つけ、フライパンを使用するムニエルや、ホイル焼きがおすすめです。また、熱を通す際に、薄切りにした方が、厚切りの場合よりも、脂肪が落ちやすいそうです。
そのため、肉は薄切りにし、魚は厚切りにして調理するように工夫すると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 08:22 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活で動脈硬化を予防

高血圧食 生活習慣病 動脈硬化予防
食生活で動脈硬化を予防

血糖値が高いと、動脈硬化を引き起こす危険性が高くなります。
でも、日常の食生活において、少し気をつけるだけで、血糖値が上昇するのを抑えることができます。
食物繊維、特に水溶性食物繊維は、糖質が吸収されるのを抑えるので、血糖値が上昇しにくくなります。
そのため、海藻類、きのこ、根菜、こんにゃくなどの、食物繊維を多く含む食品を積極的に食べましょう。中でも寒天は、ほとんどカロリーがなく、食物繊維を豊富に含み、満腹感も得られ、さらに血糖値の上昇を抑えるので、とてもおすすめの食品です。
トマトは「クエン酸」を含み、それが血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。
また、クエン酸は、酢や柑橘類などにも含まれているので、料理に使用すると良いです。
山芋、オクラ、なめこ、納豆などの、ネバネバの食品には、「ムチン」が含まれています。
ムチンは、胃腸で糖質が吸収されるのを抑え、血糖値の上昇を抑えてくれます。
タマネギに含まれる「硫化プロピル」は、生の状態では、血中糖分の代謝を助ける働きがあります。
小さく切ると、細胞を破壊して酸化し、成分が変わってしまうので、大きめの縦切りにすると効果的です。また、水に長時間さらしていると、成分が流れ出てしまいます。
納豆には、ムチン、大豆サポニン、イソフラボンが含まれており、それらは血糖値の上昇を抑えることがわかっています。
その他にも、バナナ、舞茸、ゴーヤー、グアバなど、さまざまな食品が話題となっています。
ただ、ここに挙げた食品だけを、大量に摂取すれば良い、というわけではありません。
毎日の食生活において、いろいろな栄養素を、バランス良く摂ることを忘れないでください。
そして、適度な運動をしたり、ストレスを解消したり、生活習慣を見直すことも大切です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 サプリメントメタボリック症候群 歯との関係メタボリック症候群 飲酒

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事療法【糖尿病の治療法】(外食)

高血圧食 生活習慣病 糖尿病
食事療法【糖尿病の治療法】(外食)

tei_syoku.jpg


糖尿病食事療法は、その人にあった「エネルギー量」の中で、必要な栄養分をバランスよく摂取することです。
そのため、簡単にエネルギー量をチェックするために、食品交換表をよく理解して、有効活用することが大切です。
外食は自宅で食べるよりも分かりにくいので、外食が多い人は特に、食品交換表を使った食事の取り方を再確認してください。
自分で料理をすれば、料理前と料理後の量の違いがわかり、食材の1単位の量(=目安量)がわかってきます。
料理された物を見たときに、「表のどれに該当するか、どれくらい使われているか、何Kcal〈キロカロリー〉 ぐらいか」が、わかるようになればベストです。
そこで、外食にあてる「エネルギー量」「単位配分」を確認します。
表に合わせて、3食を均等に分けられるのが理想ですが、外食ではどうしても配分に偏りが出ます。
それで、とくに野菜類などの不足分は、家庭の食事で調整するようにしましょう。
他にも外食を楽しむ知恵が、いろいろあります。
丼物より定食のほうが、栄養がバランスがよいでしょう。
・目安量がつかみやすいので、食材の形が生かされたナチュラルなメニューがオススメです。
・天ぷらやフライなどの揚げ物料理は、高カロリーです。衣を外して食べたほうがよいでしょう。
・ポケット版の食品交換表や外食ガイドブックなどを携帯するのは、とてもよいことです。
・目安量の確認に、ハンディータイプの秤を活用しましょう。
・残業するときは、夕方に軽食をとり、その分は夕食で調節しましょう。
・宴会はなるべく避けたほうがよいですが、参加する日は昼食を少なめにしておきましょう。
・原則、禁酒です。主治医に相談しましょう。
・自分で積極的に料理をして、料理好きになりましょう。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:26 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動脈硬化を予防する玉ねぎレシピ

高血圧食 生活習慣病予防 動脈硬化予防
動脈硬化を予防する玉ねぎレシピ

血中のコレステロールが増加すると、動脈硬化の原因となります。
コレステロールが余計に増え過ぎてしまうと、血管に付着して、それが染み込み、血管壁を厚くして、硬くなってしまいます。

血中のコレステロールを減らすためには、さまざまな対策が必要となります。
その1つとして、毎日の食事メニューに、玉ねぎを積極的に取り入れることも、動脈硬化の予防につながります。

そこで、玉ねぎを使用した「和風シャリアピンステーキ」のレシピを紹介します。“ステーキ”なんて、コレステロールが高いのでは・・・と心配されるかもしれませんが、玉ねぎをふんだんに使っているので心配いりません。
みじん切りとすりおろしにした玉ねぎが、牛肉にコクと甘みをプラスします。和風に仕上げるので、ご飯のおかずにもぴったりです。
syariapin_suteki.jpg1、玉ねぎ2個中1/2個はすりおろして、残りはみじん切りにします。
2、牛肉は叩いて筋切りにし、両面に、おろした玉ねぎを付けて下味をつけます。
そして、両面に塩・黒こしょう少々をして、フライパンにサラダ油大さじ2を熱して焼きます。
3、肉が焼き上がったら取り出して、肉を焼いたフライパンにバター大さじ1を加えて、みじん切りにした玉ねぎをよく炒めます。
赤ワイン大さじ3と、しょうゆ大さじ1を加えて、ひと煮立ちさせます。
4、器に肉を盛り付け、クレソン少々を添えて、3のソースを肉の上にかけます。


体に良いからといって、食べ過ぎてはいけませんよ。
また、動脈効果を予防するためには、毎日適度な運動を心がけることも大切です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活


posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 09:21 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事療法 【糖尿病の治療法】

食事療法 生活習慣病 高血圧食
食事療法 【糖尿病の治療法】

食事療法はどうして必要なのでしょうか?
それは、糖尿病がインスリンの不足や欠乏から起こる病気だからです。
インスリンが不足すると、ブドウ糖などの栄養がエネルギーとして利用できなくなり、各細胞が栄養不足になります。
一方、利用されないブドウ糖はどんどん増え続けて、血液中にあふれてしまいます。
その状態が「高血糖」で、これを放っておくと合併症が起こってきます。
そうならないためには、食べ物の量を制限し、いろんな栄養が不足しないよう、「食事の取り方」を変える必要があるのです。
栄養バランスがとれていて、その人にあったエネルギー量の食事に切り換える、それが食事療法です。
食事療法は少し軽視されがちですが、一番効果があり、かつ、他の治療法の効果も助ける、一番基本的で重要な治療法なのです。
しかし、食事療法といっても、特別な食事ではなく、1日の摂取エネルギー量が制限されるだけです。
あとは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」の三大栄養素と、ビタミンやミネラルなどを欠かさず、必要量とること。
つまり、それまでの食事の偏りを改めて、健康的でバランスのよい食事にすることが目的なのです。
また、そのことは、一般の人が生活習慣病を予防し、長生きするための健康食としても効果的です。
食事療法で少々難しく感じるのは、食品を選ぶとき、その食品の栄養素やエネルギー量が、わかりにくいということです。
そこをわかりやすく表にしたものが、日本糖尿病学会の「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。
それは、普段よく食べる食品から約500種を選び、似たもの同士を分類し、同じ表同士なら交換可能な範囲を示したものです。
これを使えば、食品のエネルギー量と重量が簡単にわかり、また、他の食材に交換できるので、それほど献立に悩むこともありません。
ただ、実践の段階で、慣れるのにちょっとコツがいります。
「必要なエネルギー量」「必要な栄養量」を算出し、「80kcal=1単位(交換表の基準)」として、配分や交換のルールを把握します。
そして、よく食べるものをチェックして、すでにある献立表を食べたい献立にアレンジします。
そうやって、実践していきながら、どんどん慣れていってください。
そして、季節の変化や好みを取り入れて、「食事療法」をバラエティーに富んだ、おいしく楽しいものに変えていってください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 09:11 | Comment(0) | 生活習慣病 食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エバーライフのヒアルロン酸『皇潤』






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。