高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

メタボリック症候群による生活習慣病の高血圧を予防のための料理のレシピ。
健康食や生活習慣病予防の食事療法など。
100%『生』のローヤルゼリー 高血圧食メニュートップページ20世紀の出来事

具だくさんのオムレツ

産地直送 新鮮野菜・果物

具だくさんのオムレツ
高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

カリウムや食物繊維には、ナトリウムを排出し、血圧を下げる働きがあります。これらの栄養素は、野菜や海藻、いも、果物、豆類に多く含まれます。朝食に、卵を召し上がるかたが多いかと思います。その卵をそのまま目玉焼きやゆでたまごで単品としてとるのではなく、細かく刻んだ野菜をふんだんに入れて、具だくさんのオムレツにしましょう。

無理なくできる高血圧の人のための食事療法「高血圧食」
ポイント1・・・塩分は控えめに。
ポイント2・・・野菜はたっぷり!

高血圧食「具だくさんのオムレツ」レシピ
≪材料≫
(2人分)omuretu.jpg
・卵・・・2個
・ニンジン・・・1/4本
・ホウレンソウ(小松菜など、お好きな季節の青菜でok)・・・1/4把
・ネギ・・・1/4本
・シメジ(または生シイタケ、マイタケなどでもok)・・・1/4パック
・塩、こしょう・・・少々
・油・・・少々


≪下ごしらえ≫
・ほうれんそう(小松菜)、ニンジンは、1センチの長さの細切り。
・ネギは、小口切り。
・シメジは、細かく刻みます。

≪調理≫
1.ほうれんそう、ネギ、ニンジン、シメジを耐熱容器に入れて、塩、こしょうを加え、電子レンジで1分加熱します。
2.いったん取り出し、ラップをはずして全体を混ぜ、さらに2分加熱します。
3.2に卵を割りほぐし、フライパンに油を熱して卵液を流し入れます。
4.全体を大きく、ふわりと混ぜ合わせるようにして片面を焼きます。
5.半熟程度になったら、ひっくり返して反対側も焼きます。
お皿にもって召し上がれ!
*お好みで、ミニトマトやレタス、キュウリなど、生野菜を加えるとよいでしょう。

料理をはじめる人の本 (オレンジページブックス)

料理をはじめる人の本 (オレンジページブックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 大型本




農家さんのおすそわけ 静岡産直農作物 ゆめさきダイレクト
posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:07 | Comment(0) | 高血圧食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏ささみ肉の揚げ漬け

日本初!オーガニック野菜スイーツ【パティスリー ポタジエ】


鶏ささみ肉の揚げ漬け
高血圧食 生活習慣病予防の食事療法

高血圧の人のなかには、体重を減らすだけで血圧をさげることができる人もいます。揚げものはカロリーが高いですが、まったくなくしてしまうのもものさびしいですよね。そこで、素材そのものが低カロリーの鶏ささみ肉を活用しましょう。高温で揚げた鶏ささみ肉を甘酢に漬けこみます。それによって、ソースなどをかけなくてもおいしく召し上がっていただけます。

無理なくできる高血圧の人のための食事療法「高血圧食」
ポイント1・・・塩分は控えめに。
ポイント2・・・カロリーを低く抑える工夫を。

高血圧食「鶏ささみ肉の揚げ漬け」レシピ
≪材料≫(2人分)sasamiage.jpg
・鶏ささみ肉・・・4本
・小麦粉・・・少々
※つけ汁
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ1/2
・酢・・・大さじ2
・溶きがらし・・・少々
・揚げ油・・・適宜

≪下ごしらえ≫
・鶏ささみ肉は筋をとり、観音開きにします。小麦粉をまぶします。
・つけ汁を合わせておきます。

≪作り方≫
1.揚げ油を高温に熱したなかに、鶏肉を入れ、カラリと揚げたらすぐにつけ汁に漬け込みます。
2.ときどき裏返しながら、1を20分ほどおき、辛子を溶きます。
3.2を器に盛りつけ、お好みの野菜をたっぷりと添えていただきます。

料理ワンポイント
 お好みでつけ汁に少しみりんまたはお砂糖を加え、からしを控えると、お子様にもおいしく召し上がっていただけます。味がしみているのでさめてもおいしく、お弁当のおかずにもぴったりです。
付け合わせの野菜には、生野菜だけでなく、ゆでたブロッコリーやカリフラワー、さやえんどう、いんげんなど添えてみてはいかがでしょう?レモンのくし切りもさっぱりします。





posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:34 | Comment(0) | 鶏のささみ肉の揚げ漬け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆腐のディップ

超厳選の秋ウコンのみを使用したウコンサプリメント


豆腐のディップ
高血圧食生活習慣病予防の食事療法

高血圧の人には、少々体重がオーバー気味な方が多いようです。
体重を減らすだけでも、強力な高血圧対策となります。
ちょっと小腹が空いたときに低カロリーでおしゃれな豆腐のディップです。基本を押さえると、いろいろに工夫できます。クラッカーにのせたり、生野菜につけたり・・・すてきなオードブルになります。
豆腐には、ナトリウムの排出を促し、血圧を安定させるカリウムが豊富に含まれています。また、豆腐のカルシウムにも血圧を低下させる働きがあります。
和洋中のいろいろな形で毎日豆腐および豆製品を食卓に登場させましょう。


無理なくできる高血圧の人のための食事療法「高血圧食」
ポイント1・・・カロリーを抑えて減量を!
ポイント2・・・豆、豆製品を工夫して毎日とりましょう。

高血圧食「豆腐のディップ」レシピ
≪材料≫(2人分)toufudhipu.jpeg・豆腐・・・1/2丁
・ツナ缶・・・1/2缶
・万能ねぎ・・・少々
・白ゴマ・・・小さじ2
・マヨネーズ・・・小さじ1
・レモン汁・・・少々
・パセリ・・・飾り用

≪下ごしらえ≫
・豆腐は、重石をして水気を切り、ほぐします。
・万能ねぎは小口切りに。
・ツナ缶は汁けをきってほぐします。

≪調理≫
1.豆腐に万能ねぎ、ツナ缶をほぐして入れ、刻みゴマとマヨネーズ、レモン汁少々を加えてあえます。

料理作りのワンポイント
クラッカーに形よく盛りつけてもおしゃれですし、スティック状に切ったニンジンやキュウリにのせていただいてもおいしいです。
ツナ缶の他に、貝柱の水煮缶や、カニ缶などでもおいしく召し上がっていただけます。




posted by 高血圧食 生活習慣病予防 記録の細道 at 07:56 | Comment(1) | 豆腐のディップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。